高台であるがゆえの不便さに要注意

Pocket

眺望豊かな都市型マンション、緑萌ゆる丘の海暮れる眺望、陽光と眺望をほしいままに…、絶景を買う!これらは、首都圏にあるいくつかのマンション広告のキャッチコピーです。マンションからの眺めがよいということは、マンションが高台にあるか、あるいは高層タイプのマンションである、ということを意味しています。ここでは、前者の場合について、考えてみましょう。

 

眺望

高台にマンションを建てる事業者は、高台であるがゆえの不便さの裏返しとして、眺望のよさをセールスポイントにしています。当然のことながら、駅から坂道を登ってくるときの大変さや、最寄りにスーパーがない場合には坂の下まで買い出しに行かなければならない苦労などを、マンション業者は伏せています。少なくとも積極的に説明することはないと思います。眺望のよさと日常の生活の不便さとを比べたとき、あなたはどちらを優先させますか?確かに都会の夜景の素晴らしさは、仕事で疲れた心を癒す効果があるような気もします。

でも、たいていの場合、帰宅後は家族との団らんやテレビを見て過ごす時間のほうが多いのではないでしょうか。また、昼間は働きに出ているでしょうから、ゆっくりと景色を楽しめる時間は、休日などに限られます。たとえ専業主婦といえども、外ばかり眺めているわけではないでしょう。

リビング

長崎の高台にある集合住宅に住んでいたことがあります。確かに、目の前に広がる田舎の景色を眺めるのは大変心地よいものでした。でも、ふもとの商店街まで買出しに行くのは、足腰が丈夫で体力のあり余っていた若いころでしたので可能であったと思っています。見晴らしのよさを追求するのであれば、高層マンションの上層階に住戸を求めるべきです。高台に建つマンションの眺望の謳い文句に躍らされてはいけません。


広告沖縄県へのお引越しを検討している方も多いでしょう。沖縄県には様々なエリアがありますが、特にオススメの場所が県の中部にあります。それがうるま市です。うるま市は人口が那覇市や沖縄市に次いで多く、街の面積も大きな場所です。自然も多く、基地がある場所であることから、街にはアメリカンな雰囲気が漂っています。なぜ中部のうるま市をオススメするのか、その理由は「利便性は高いが、賃料が安い」という利点があるからです。那覇市だと1Rでも月の賃料が4万円ほどかかります。しかし、うるま市ですと、月4万円で2LDKや3DKのお部屋に住める可能性があるのです。
そんな沖縄県うるま市で賃貸物件を探している方がいましたら、ぜひこちらのウェブサイトをご覧ください。お得で便利な沖縄県の賃貸情報が満載です。


東京都内でマンションを探しているのですが,今一番気になっているのが,ザミレニアムフォート府中御殿坂。
府中駅から,徒歩11分,府中本町からは徒歩2分,分倍河原からも徒歩12分で行けますね。
分倍河原で乗り換えもできるので,乗り換えも便利です。
ザミレニアムフォート府中御殿坂は,築3年のマンションで,外観も内装も清潔感あふれるマンションです。
徳川家康御殿地跡という由緒ある土地にあるのも歴史のロマンを感じますね。
江戸城に入城した年に家康が建てたといわれていましたが,建てて56年後には火事で消失してしまい,そのまま建てられることが無かったそうです。
そんな歴史のある土地に建てられたザミレニアムフォート府中御殿坂は,日当たりが良く,閑静な住宅街のなかにあります。
そんなザミレニアムフォート府中御殿坂で暮らせば,快適な生活が待っていますね。

交通の利便性が高い街,水天宮前エリアで物件探しませんか。
私が住んでいる水天宮前エリアの駅からは,都心へのアクセスが良好です。成田空港や羽田空港まで直通で行けるバスも通っていて,交通機関が充実しています。
駅から住宅街に向かう途中にも,たくさんの商業施設があるので,日常生活や買い物で不自由を感じません。シングル向けの賃貸物件やファミリー向けの一戸建て物件も豊富なので,理想の物件が見つかりますよ。
都内で不動産を探しているなら,水天宮前の賃貸物件をお勧めします。